Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、サイバー犯罪やトラブルへの対策まとめた無償冊子

カスペルスキーは、インターネットを安全に利用するための基本的な知識をまとめたIT初心者向け「セキュリティとモラルのガイドブック」の無償提供を開始した。

20150402_kl_001.jpg
セキュリティとモラルのガイドブック(カスペルスキー)

同ガイドブックは、インターネットを利用するうえで必要なセキュリティ知識やモラルについてまとめた全32ページの冊子。IT初心者や学生、シニアなどを対象としている。

セキュリティ自己診断チェックシートや最新マルウェアへの対策、パスワードの安全な管理方法、公衆無線LANの安全な使い方など説明した。

2015年1月の発行より、これまで教育機関や市民講座、ボランティア団体などに1万2000部を配布してきたが、問い合わせが多いことから、PDF版と冊子版の無償提供に対応した。

PDF版は同社ウェブサイトからダウンロードできる。冊子版は申込者の送料負担で送付する。冊子版の無償提供は12月18日までを予定しているが、在庫状況によって終了日が前後する可能性がある。

(Security NEXT - 2015/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供