Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報の収集から対策までをまとめたレポート - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性情報の効果的な活用法についてまとめたレポート「脆弱性対策の効果的な進め方(実践編)」をウェブサイトで公開した。

同レポートは、脆弱性情報の収集や、集めた情報の活用方法についての手引きをまとめたもの。システムの運用管理者やソフトウェア製品の開発者、システムインテグレーターを対象に、「脆弱性に関わる脅威の状況」「効果的な脆弱性対策を行うには」「IPA提供のサービス等を活用した脆弱性対策」の3項目について、詳細に解説している。

具体的には、2014年に注目された脆弱性について説明したほか、効果的な脆弱性対策の進め方として、情報収集に有効なURL一覧や、共通脆弱性評価システム「CVSS」について紹介。また、同機構が提供するサービスやツールの使い方なども解説している。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに