Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を保存したPCが盗難被害 - 筑波大付属病院

筑波大学付属病院は、患者の個人情報が保存されたノートパソコンが盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同大の大学院生が学外で盗難被害に遭ったもので、被害に遭ったパソコンには、患者など165人分の個人情報が保存されていたという。氏名や年齢、手術日、病名の略号、手術や術後経過に関する情報などが含まれる。

同院では、対象となる患者へ電話で事情を説明。また書面や訪問などにより謝罪を行っている。盗難に遭った情報の不正利用など、報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院
医学部卒業試験に患者情報、マスキング外れる - 富山大
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院