Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大雪対策需要を狙う詐欺サイトに注意 - 今度は「スノータイヤ」

大雪対策商品の需要を見込んだ詐欺サイトが発生している。あらたに検知された詐欺サイトでは、単価が比較的高い「スノータイヤ」の安売りを装っていた。

不正サイトの状況を調査しているBBソフトサービスが、1月の検知状況を取りまとめ、あらたな手口を明らかにしたもの。問題のサイトでは、スノータイヤのセールで消費者を呼び込んでいた。

同社によれば、1月の不正サイト総検知数は40万7000件で、前月の41万2372件から1.3%減少した。

不正サイトを種類別に見ると、これまでの傾向と同様に「ワンクリック、不正請求サイト」が89.5%で最多。「フィッシング詐欺サイト」が8.9%、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が0.8%、「脆弱性悪用サイト」が0.7%だった。

「マルウェア感染サイト」は0.01%とひと桁少ない。いずれも前月と比較して多少の増減はあるものの、目立った変動はなかった。

同社は、1月にあらたに確認された手口として、スノータイヤのセールで消費者を呼び込む詐欺サイトを挙げている。これまでも除雪用スコップなど、雪対策グッズの販売に見せかけた詐欺を確認しているが、より商品単価が高いスノータイヤに目を付けたのではないかと同社では分析している。

こうした災害対策グッズに関して、同社は調達に急を要する場合が多く、詐欺に対する警戒が薄れてしまうおそれがあると指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染