Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省とIPA、サイバー攻撃対策の促進に向けた研究会を開催

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、「サイバーセキュリティリスクと企業経営に関する研究会」を共同で開催する。

サイバーセキュリティ基本法の施行を受け、同研究会では、増加傾向にある企業を標的としたサイバー攻撃に関するセキュリティ対策の促進を目的に、国内外における状況整理や政策のあり方などの検討を行う。

具体的には、国内外におけるセキュリティリスクの状況や、海外のセキュリティ政策と重要インフラ対策の動向、国内におけるセキュリティ経営やセキュリティマネジメント評価、リスク情報の共有、セキュリティリスクの市場化の方策といった論点について検討する。

第1回は1月29日に開催。6月をめどに検討結果を取りまとめる。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
経産省とIPA、セキュリティに関する情報交流の場を提供
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も