Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省とIPA、サイバー攻撃対策の促進に向けた研究会を開催

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、「サイバーセキュリティリスクと企業経営に関する研究会」を共同で開催する。

サイバーセキュリティ基本法の施行を受け、同研究会では、増加傾向にある企業を標的としたサイバー攻撃に関するセキュリティ対策の促進を目的に、国内外における状況整理や政策のあり方などの検討を行う。

具体的には、国内外におけるセキュリティリスクの状況や、海外のセキュリティ政策と重要インフラ対策の動向、国内におけるセキュリティ経営やセキュリティマネジメント評価、リスク情報の共有、セキュリティリスクの市場化の方策といった論点について検討する。

第1回は1月29日に開催。6月をめどに検討結果を取りまとめる。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
自家発電用燃料、約1週間分を手配できる見込み - さくら
自家発電中のさくら石狩DCに一部電力供給が再開
ビルシステムのセキュリティ対策ガイドラインベータ版を公開 - 経産省
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
ファイア・アイのCTOに伊東寛氏が就任
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成