Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供

日立システムズは、マルチデバイスに対応したモバイル向けリモートアクセスサービス「SHIELDセキュリティゲートサービス」を提供開始する。

同サービスは、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどモバイル端末におけるクラウドサービスや社内システムといった業務システムへの接続を実現するもの。

同サービスでは、認証機能、不正サイトアクセスブロック機能、端末セキュリティチェック機能を提供。専用アプリケーションをインストールすることで、同アプリケーションが導入された端末からクラウドサービスや組織内のシステムへ接続する際に同サービスを自動的に経由させる。

100クライアント利用時の場合、27万円から。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
「Elasticsearch」を活用したテレワーク端末の可視化ソリューション
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
テレワーク体制向けセキュ診断サービス - ヒアリングで重点調査も実施