Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供

日立システムズは、マルチデバイスに対応したモバイル向けリモートアクセスサービス「SHIELDセキュリティゲートサービス」を提供開始する。

同サービスは、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどモバイル端末におけるクラウドサービスや社内システムといった業務システムへの接続を実現するもの。

同サービスでは、認証機能、不正サイトアクセスブロック機能、端末セキュリティチェック機能を提供。専用アプリケーションをインストールすることで、同アプリケーションが導入された端末からクラウドサービスや組織内のシステムへ接続する際に同サービスを自動的に経由させる。

100クライアント利用時の場合、27万円から。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調