Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ

デロイトトーマツサイバーは、侵害リスクの高い機器を特定する「侵害リスク評価サービス」を提供開始した。

同サービスは、対象組織のドメイン名をもとに攻撃者が行う偵察活動を模して情報収集し、侵害されるリスクの高い機器を特定するもの。機器の概要、問題とされる内容、推奨する対策などを含めたレポートとして提供する。

料金は、ワンショット調査が120万円。年間サブスクリプションが年額720万円。

また同社はEDR製品をリモートより監視し、クラウド上で分析して異常を検知する「スレット セキュリティ モニタリングfor EDRサービス」でサポートするEDR製品の拡充などもあわせて行っている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
生成AIに擬似攻撃、リスクを評価するサービス - NRIセキュア
特定のサイバー脅威に対する耐性を評価するサービス - NRIセキュア
「CRI Profile」を踏まえた金融機関向けセキュリティ監査サービス
脆弱性レポート機能の正式提供を開始 - GitHub
IoT機器ファームウェアのOSS構成分析ツール - バイナリにも対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC