Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ

デロイトトーマツサイバーは、侵害リスクの高い機器を特定する「侵害リスク評価サービス」を提供開始した。

同サービスは、対象組織のドメイン名をもとに攻撃者が行う偵察活動を模して情報収集し、侵害されるリスクの高い機器を特定するもの。機器の概要、問題とされる内容、推奨する対策などを含めたレポートとして提供する。

料金は、ワンショット調査が120万円。年間サブスクリプションが年額720万円。

また同社はEDR製品をリモートより監視し、クラウド上で分析して異常を検知する「スレット セキュリティ モニタリングfor EDRサービス」でサポートするEDR製品の拡充などもあわせて行っている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス