Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ツールに新版、検査結果の一元管理に対応

三菱スペース・ソフトウエアは、個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」の最新版となるVer3.8.0をリリースした。

同製品は、クライアントPCや共有サーバに保存されているファイルから、個人情報を含むファイルを検出するソフトウェア。最新版では、検査結果を一元管理するツール「集計ユーティリティ」を追加した。

同ツールを利用することにより、検査結果を自動で収集。パソコン単位や事前に設定したグループ単位で集計することが可能で、検査を実施したパソコンの台数や部署のほか、各パソコンが保有する個人情報ファイルの総数を確認することができる。

また集計結果は、CSVファイルで出力が可能。同機能により、検査の実施状況や保有する個人情報ファイルの総数が把握できる

(Security NEXT - 2014/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習