Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、サーバ向けセキュリティ対策をクラウドで提供

トレンドマイクロは、サーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を、9月1日より提供開始する。

同サービスは、サーバ向けセキュリティ対策機能を備える「Trend Micro Deep Security」において、セキュリティ設定の変更やログ管理を行う管理サーバをクラウド経由で提供するもの。管理サーバを構築することなく利用できる。

マルウェア対策やファイアウォールをはじめ、ファイルやレジストリの変更監視、セキュリティイベントログの監視、ウェブアプリケーション保護のほか、脆弱性に対する攻撃からシステムを保護する仮想パッチなどの機能を利用することが可能。

同社は、同製品を通じて今後3年間に15億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2014/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート