Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東北地区ではじめてとなる「セキュリティ・ミニキャンプ」 - 9月に開催予定

情報処理推進機構(IPA)とセキュリティ・キャンプ実施協議会は、9月に福島県で「セキュリティ・ミニキャンプ in 東北」を開催する。東北地区での開催は今回がはじめて。

セキュリティ・キャンプは、情報セキュリティ人材の育成を目的として、2004年から年1回実施されている。2012年度からは、「セキュリティ・ミニキャンプ」を地方でも開催。地元の支援組織と連携し、情報セキュリティに関心のある一般参加者にも講義や学びの場を提供している。

東北地区で初開催となる今回は、9月13日と14日に学生を対象とした合宿講座を実施。また初日の基調講演やウェブセキュリティ講義は、申し込めば学生に限らず保護者や社会人、教育関係者など誰でも聴講できる。

会場は、福島県会津若松市の会津大学。参加費用は無料で、応募締め切りは8月18日17時。定員は、1日目の一般参加者が先着順で80人。合宿講座は定員20人で、選考を行ったうえで決定する。

詳細は、セキュリティ・キャンプ実施協議会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2014/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
英会話教室でメール誤送信 - 氏名やメアドが流出
「セキュキャン」修了生の活躍を紹介するイベント - IPA
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も
IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催