Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾーホー、ネットワーク監視ソフトの最新版をリリース - UIを見直し

ゾーホージャパンは、監視ツール「ManageEngine OpManager」の最新版「リリース11.3」を出荷開始した。

同製品は、サーバやネットワーク機器の監視ソリューション。サービスやプロセス、URL、パフォーマンス、ログなどの監視が可能で、アラートの発行やレポートを参照できる。

最新版では、ユーザビリティを見直し、表示速度を向上させた。また障害のポップアップ表示や、死活情報のヒートマップ表示が可能。キーボードショートカットにも対応したほか、大量に発生しているイベントの抑止機能なども追加した。

(Security NEXT - 2014/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供