Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、ESETの情報提供する「マルウェア情報局」をオープン

キヤノンITソリューションズは、同社が取り扱うスロバキアのESETに関連する情報や、マルウェア情報を提供するポータルサイト「マルウェア情報局」を開設した。

マルウェア情報局
マルウェア情報局

同サイトは、セキュリティベンダーのESETが発信するニュースを中心に、同社セキュリティ対策製品の「ヒューリスティック」といった技術関連情報を発信。また国内外における情報セキュリティの最新トレンドなどを提供する。

スタートアップとして、ESETの研究者が発見したLinuxサーバの認証情報を盗むマルウェア活動「オペレーションWindigo」などの情報が掲載されており、今後コンテンツを拡充していく予定だという。

(Security NEXT - 2014/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
「機能利用に指紋必要」とだます詐欺アプリ - 不意突く「Touch ID」課金狙う
「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入