Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、ESETの情報提供する「マルウェア情報局」をオープン

キヤノンITソリューションズは、同社が取り扱うスロバキアのESETに関連する情報や、マルウェア情報を提供するポータルサイト「マルウェア情報局」を開設した。

マルウェア情報局
マルウェア情報局

同サイトは、セキュリティベンダーのESETが発信するニュースを中心に、同社セキュリティ対策製品の「ヒューリスティック」といった技術関連情報を発信。また国内外における情報セキュリティの最新トレンドなどを提供する。

スタートアップとして、ESETの研究者が発見したLinuxサーバの認証情報を盗むマルウェア活動「オペレーションWindigo」などの情報が掲載されており、今後コンテンツを拡充していく予定だという。

(Security NEXT - 2014/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
攻撃グループ「PowerPool」、Windowsタスクスケジューラ狙うゼロデイ攻撃を展開
ESETのエンドポイント用インストーラーに脆弱性 - 最新版の利用を
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア