Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、ESETの情報提供する「マルウェア情報局」をオープン

キヤノンITソリューションズは、同社が取り扱うスロバキアのESETに関連する情報や、マルウェア情報を提供するポータルサイト「マルウェア情報局」を開設した。

マルウェア情報局
マルウェア情報局

同サイトは、セキュリティベンダーのESETが発信するニュースを中心に、同社セキュリティ対策製品の「ヒューリスティック」といった技術関連情報を発信。また国内外における情報セキュリティの最新トレンドなどを提供する。

スタートアップとして、ESETの研究者が発見したLinuxサーバの認証情報を盗むマルウェア活動「オペレーションWindigo」などの情報が掲載されており、今後コンテンツを拡充していく予定だという。

(Security NEXT - 2014/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
ウクライナ電力網を襲ったマルウェア「CrashOverride」 - 幅広い制御システムに攻撃対象に
「EternalBlue」を利用するランサムウェア「XData」に復号化ツール