Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウクライナ狙う破壊的マルウェア、他国にも広がるおそれ - 米政府が警戒呼びかけ

組織を狙い、システムを破壊するマルウェアがウクライナに対して展開されている。同国以外にも被害が広がるおそれがあるとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では警戒を呼びかけた。

ロシアによるウクライナへの侵攻にともない、システムを破壊するマルウェアが複数展開されているとして注意を呼びかけたもの。

現地時間1月15日にマイクロソフトがマルウェア「WhisperGate」を報告したことにくわえ、現地時間2月23日にはESET、SentinelOneをはじめとする複数の研究者がマルウェア「HermeticWiper」について報告した。

ウクライナの組織を標的としたものだが、他国の組織にも影響が及ぶおそれもあり、こうした攻撃は今後も継続するおそれがあるとしてCISAでは警鐘を鳴らしている。「WhisperGate」「HermeticWiper」のIoC情報を集約、提供するとともに、マルウェアへ対応するためのベストプラクティスを公開した。

マルウェアは広範囲のシステムを標的としており、ネットワークを通じて拡散するおそれがあると指摘。マルウェアが拡散する潜在的な経路がないかリスクを評価したり、ネットワークのセグメンテーションやアクセス制御といった対策の確認、モニタリング、復旧計画の策定など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
「Citrix ADM」に管理者アカウントがリセットされる脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
Lenovo製ノートPCのBIOSに複数脆弱性 - 100モデル以上に影響
「Firefox 99」がリリースに、脆弱性11件を修正
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正