Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、UEFIブートキット「BlackLotus」対策のガイダンスを公開

マイクロソフトは、セーフブートを回避する脆弱性「CVE-2022-21894」を悪用する「UEFIブートキット」が出回っている問題を受け、被害が生じていないか調査する方法や対策などをまとめたガイダンスを公開した。

問題の「UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)ブートキット」は、「BlackLotus」などと呼ばれているマルウェア。特権によるアクセスが可能となった端末においてセキュアブートを回避する脆弱性「CVE-2022-21894」などを悪用する。

「UEFIブートキット」は、OSの起動前に実行されるため侵害状態が持続し、OSの起動プロセスを制御され、「BitLocker」やカーネルの保護、マルウェア対策などのセキュリティ対策機能が機能不全に陥る。

ESETによると、同社では2022年後半に「BlackLotus」のコンポーネントを発見。少なくとも2022年10月には、5000ドルほどで闇市場に出回っていたという。

同社が確認した「BlackLotus」のインストーラは、ロシア語やウクライナ語、ベラルーシ語など、特定言語に対してブートキットをインストールしないしくみとなっていた。またコード内から日本の特定アニメタイトルを想起させる文字列が確認されている。

(Security NEXT - 2023/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所