Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lenovo製ノートPCのBIOSに複数脆弱性 - 100モデル以上に影響

Lenovo製ノートブック端末のBIOSに複数の脆弱性が明らかとなった。100種類以上のモデルが影響を受ける。

3件の脆弱性が明らかとなり、Lenovoが現地時間4月18日にアドバイザリをリリースしたもの。脆弱性の悪用には高い権限が必要だが、OS起動前にUEFIのファームウェアが読み込む「EFIシステムパーティション(ESP)」へマルウェアなどを設置されるおそれがある。

具体的には、「CVE-2021-3970」は、システムマネジメントモードにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性。メモリの書き込みや読み込みが可能となり、任意のコードを実行されるおそれがある。

また「CVE-2021-3971」では、ファームウェアの保護領域を変更することが可能。「CVE-2021-3972」により、UEFIセキュアブートの設定が変更され、無効化されるおそれがある。

Lenovoでは、これら脆弱性について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを示していないが、脆弱性の重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2022/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開