Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査や法律相談関連の文書を箱ごと紛失 - さいたま市

さいたま市は、個人情報含む文書56件が所在不明になっていることを明らかにした。不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同市では3年以上の保存を必要とする文書は、総務課で一括して保管しており、必要に応じて他部署に貸し出しているが、長期間貸し出していた文書の返却を求めたところ、6月9日に2箱の文書箱を紛失していることが判明したという。

所在不明となっているのは、2011年度に作成した行政不服審査や法律相談報告などの関係書類54件のほか、2009年度に作成した決済文書2件で、いずれも個人情報が含まれる。

各課が文書の閲覧や確認を行う場合は、総務課が保管庫から出庫し、文書を収めている箱単位で貸し出していたが、貸し出している間に、ほかの不要文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと同市では説明している。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県