Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査や法律相談関連の文書を箱ごと紛失 - さいたま市

さいたま市は、個人情報含む文書56件が所在不明になっていることを明らかにした。不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同市では3年以上の保存を必要とする文書は、総務課で一括して保管しており、必要に応じて他部署に貸し出しているが、長期間貸し出していた文書の返却を求めたところ、6月9日に2箱の文書箱を紛失していることが判明したという。

所在不明となっているのは、2011年度に作成した行政不服審査や法律相談報告などの関係書類54件のほか、2009年度に作成した決済文書2件で、いずれも個人情報が含まれる。

各課が文書の閲覧や確認を行う場合は、総務課が保管庫から出庫し、文書を収めている箱単位で貸し出していたが、貸し出している間に、ほかの不要文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと同市では説明している。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金