Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査や法律相談関連の文書を箱ごと紛失 - さいたま市

さいたま市は、個人情報含む文書56件が所在不明になっていることを明らかにした。不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同市では3年以上の保存を必要とする文書は、総務課で一括して保管しており、必要に応じて他部署に貸し出しているが、長期間貸し出していた文書の返却を求めたところ、6月9日に2箱の文書箱を紛失していることが判明したという。

所在不明となっているのは、2011年度に作成した行政不服審査や法律相談報告などの関係書類54件のほか、2009年度に作成した決済文書2件で、いずれも個人情報が含まれる。

各課が文書の閲覧や確認を行う場合は、総務課が保管庫から出庫し、文書を収めている箱単位で貸し出していたが、貸し出している間に、ほかの不要文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと同市では説明している。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
業務用の携帯電話を移動中に紛失 - 在宅医療コンサル会社
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
患者情報の誤送信で医師を懲戒処分 - 横浜市立大病院
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院