Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査や法律相談関連の文書を箱ごと紛失 - さいたま市

さいたま市は、個人情報含む文書56件が所在不明になっていることを明らかにした。不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同市では3年以上の保存を必要とする文書は、総務課で一括して保管しており、必要に応じて他部署に貸し出しているが、長期間貸し出していた文書の返却を求めたところ、6月9日に2箱の文書箱を紛失していることが判明したという。

所在不明となっているのは、2011年度に作成した行政不服審査や法律相談報告などの関係書類54件のほか、2009年度に作成した決済文書2件で、いずれも個人情報が含まれる。

各課が文書の閲覧や確認を行う場合は、総務課が保管庫から出庫し、文書を収めている箱単位で貸し出していたが、貸し出している間に、ほかの不要文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと同市では説明している。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
修理工事の領収証控が所在不明、誤廃棄の可能性 - 東京ガス
統計調査の調査員証など紛失で戒告処分 - 市原市
個人情報を不正利用した職員を懲戒処分 - 佐賀東部水道企業団
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県