Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとプロティビティ、SIEMを活用したモニタリングサービスを提供

日本ヒューレット・パッカードとプロティビティは、「情報セキュリティモニタリング支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、イベント管理ツール「HP ArcSight」を活用したモニタリングサービス。外部からの不正侵入やサイバー攻撃、従業員の内部不正による情報漏洩などの脅威に備え、内部や外部の脅威をリアルタイムに分析し、ネットワークデバイスや端末、サーバ、アプリケーションから収集したログの相関分析を行ったうえで、不正の有無を判断できるよう支援する。

日本HPは、同ツールの導入や検知ルールの実装、本番運用までのテストなどを提供。プロティビティは、不正リスクの特定、評価からシステム要件の設定、社内SOCや社内C-SIRTなどの運用体制構築、教育、本番稼働後の運用などをサポートする。

(Security NEXT - 2014/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開