Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、DLP製品のラインナップを拡充 - ネットワーク上のデータを監視

マカフィーは、情報漏洩対策ソリューション「McAfee Data Loss Prevention」に、ネットワーク向け製品群をラインナップとして追加した。エンドポイント製品とあわせて提供するスイートも用意している。

従来より提供しているエンドポイント向けDLPソリューションにくわえ、今回あらたにネットワーク向け製品群を投入し、情報漏洩対策製品のラインナップを強化したもの。

あらたに提供する製品群では、ネットワーク上の重要データの監視、外部への流出防止をはじめ、サーバやデータベース内にある重要なデータ資産を検出、分類してデータを保護する。同社のウェブやメール向けゲートウェイソリューションとの連携も可能。

具体的には、ネットワーク上のデータをモニタリングする「McAfee DLP Monitor」や、サーバ上のファイルを定期的にスキャンする「McAfee DLP Discover」、メールやウェブのトラフィックを分析できる「McAfee DLP Prevent」を用意。

他DLPソリューションと連動し、組織のネットワーク上でやり取りされるデータのフローを統合管理できる「McAfee DLP Manager」では、各DLP製品へポリシーを配布することも可能。同社の統合管理製品「McAfee ePolicy Orchestrator」との連携にも対応している。

また、エンドポイントとネットワークの双方に対応するスイート製品「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」を用意した。

(Security NEXT - 2014/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売