Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山口市のウェブサイトに不正アクセス - 職員のアカウント情報流出か

山口市のウェブサイトが不正アクセスを受け、職員用のIDとパスワードが流出した可能性のあることがわかった。

同市によれば、4月28日15時30分から16時にかけて、同市サイトが外部から大量のアクセスを受け、これにより断続的に閲覧できなくなったり表示が遅くなるなどの影響が出た。

現在は通常通り閲覧できるが、調査を進めた結果、職員がサイトを更新する際に利用するIDとパスワードが流出した可能性のあることがわかった。

同市では、セキュリティの強化を実施するとともに、定期的にパスワードを変更するなど管理体制を強化するという。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
教育委員会ネットワークに不正アクセス、影響などは調査中 - 前橋市