Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立学校18校で指導要録289件の紛失が判明 - 広島県

広島県教育委員会は、県立学校18校において、生徒の指導要録の紛失が判明したと発表した。

同委員会では、広島商業高校において生徒の指導要録を紛失していることが判明したことから、同県内の全県立学校に対し、2月13日付けで指導要録の保存状況について調査を進めていたもの。

今回の調査により、高校14校および特別支援学校4校で、あわせて289人分の指導要録が紛失していることがわかった。復元については、2校がすべて可能で、それ以外の学校では一部を除き可能としている。またいずれの学校においても、証明書などの対応は問題ないと説明している。

(Security NEXT - 2014/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
1960年代の職業訓練受講者指導要録が一部所在不明 - JEED
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市