Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのマネジメントシステム国際標準認証を国内企業2社が世界に先駆けて取得

三菱化学エンジニアリングと横河ソリューションサービスが、制御システムのセキュリティマネジメントシステム国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」における認証を取得した。世界ではじめてだという。

制御システムの製造やオペレーションを行う企業におけるセキュリティマネジメントについて、国際電気標準会議(IEC)が2010年に規定した国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」の認証を取得したもの。

CSMS認証体制は、経済産業省の「グローバル認証基盤整備事業」により日本が世界に先駆けて構築。日本情報経済社会推進協会の認定のもと、日本品質保証機構とBSIグループジャパンが認証機関となっている。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進