Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、暗号化機能搭載HDDが「FIPS 140-2」を取得

東芝は、暗号化機能を備えた薄型ハードディスク「MQ01ABUxxxBWシリーズ」が、暗号モジュールを認定する「FIPS 140-2」認証を取得したと発表した。

米国立標準技術研究所(NIST)の審査を経て、米政府のコンピュータ安全規格である「FIPS140-2 Level 2」の認定を取得したもの。

「同シリーズ」の暗号化機能は、TCG(Trusted Computing Group)の安全規格である「Opal」に基づいて設計。データの暗号化にくわえ、再利用時において記録データを無効化できる機能や、登録されていないシステムからアクセスされた際にデータを自動消去する「wipe technology」を備えている。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM