Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断書など顧客情報約4万件含む磁気テープが所在不明 - 第一生命

第一生命保険は、システムの開発、運用を委託している子会社第一生命情報システム(DLS)において、顧客情報が記録された磁気テープ2本が所在不明となっていることを明らかにした。診断書など医療情報も含まれるという。

紛失した磁気テープは、顧客の個人情報を記録したバックアップデータ。DLSが2012年11月中旬のバックアップに用いたもので、2014年2月中旬に実施した定期的なテープの所在確認で、紛失が発覚した。

同年12月下旬の一斉保守でサーバのテープが取り出され、本来は保管庫に移されるが、今回紛失が明らかになった2本のテープは、保管庫に入庫されていなかった。

紛失した磁気テープには、2012年10月25日から11月16日までに保険金や給付金の請求手続きを行った顧客3万9585人分の診断書や、同社の作成書類の画像データが記録されていた。氏名、住所、性別、生年月日、医療情報などを含む。

ICタグを用いた持ち出し検知システムは作動しておらず、磁気テープが社外に持ち出された可能性は低いとしているが、システムセンター内の捜索では見つかっていない。システム機器撤去の作業時にともない紛失した可能性が高いと説明している。

同社では、対象となる顧客には、個別に説明と謝罪を行う方針。またバックアップデータであるため、保険金の支払いなど契約に影響はないとしている。

(Security NEXT - 2014/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社