Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルユーザー狙う不正サイトが急拡大 - 2年で約13.8倍に

オンライン詐欺をはじめとするモバイルユーザーを狙った不正サイトが急拡大している。特に目立っているのが詐欺のたぐいで、利用者のIDやパスワード、金銭などが狙われている。

同社がクラウド基盤で検知したモバイル向けの不正サイトの件数推移を取りまとめたもの。2012年1月は2万件だったが、2014年1月には7万3000件と約3.7倍となった。5300件だった2012年から見ると、約13.8倍の規模へ成長している。

過去2年間における不正サイト全体の増加率は約4倍であり、それに比べて高い伸び率を示した。内容としては、「フィッシング」「ワンクリック詐欺」のほか、サクラサイトなどで話題となった「出会い系詐欺」や「偽ブランド販売サイト」「脅迫サイト」など詐欺が中心。「Google Play」を装った不正アプリ配布サイトなども確認されているという。

詐欺サイトは、IDやパスワードの窃取や、金銭を騙し取られるおそれがあり、「Android」「iOS」などプラットフォームを問わない脅威であると同社は危険性を指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験