Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃を受けた4社に1社、3カ月以内に再発 - アカマイ調査

DDoS攻撃を受けた企業の25%が、3カ月以内に再度攻撃を受けていることがアカマイ・テクノロジーズの調査により判明した。

同社が、同社プラットフォームやインターネット上に配置したエージェントで収集したデータをもとに、2013年第3四半期におけるインターネットの攻撃発生状況について取りまとめたもの。

同社が検知した攻撃の発信元となった国や地域は185にのぼる。上位10カ国で全体の83%を占めており、もっとも多かったのは中国で35%に達した。

前回最多だったインドネシアは、前回から半減して20%まで縮小し、中国に首位の座を明け渡したが、依然として攻撃の発信元となっている。3番目に多かったのは米国。順位の変動はなかったが、攻撃の割合は11%となり、前四半期の調査から4.1ポイント上昇した。

ターゲットとなったポートは、445番ポートが最多で全体の23%を占める。ウェブサイトの公開に利用される「80番ポート(14%)」と「443ポート(13%)」が続く。

また、同社顧客が受けたDDoS攻撃の報告状況を分析。2013年第3四半期に観測された攻撃は281件で、前四半期の381件を下回った。ただし、2012年に発生した768件を、2013年第3四半期の時点で807件とすでに上回っており、予断を許さない状況だ。

攻撃対象の内訳をみると、「一般企業」が127件でで最多。「小売業」が80件で続く。以下「メディアやエンターテインメント(42件)」「公共セクター(18件)」「ハイテク(14件)」だった。

また281件のうち169件が同一の攻撃対象に繰り返し攻撃を行ったものであり、27社が2度、5社が3回の攻撃を受けていた。さらに7社はそれ以上の攻撃を受けており、3カ月以内に再度攻撃を受ける確率は、25%に及んだという。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行