Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、サポートプログラム「すごうで」の募集を開始

若年層の有望なセキュリティ技術者を支援するサポートプログラム「すごうで」を展開するラックは、2014年度の応募受付を2月1日より開始する。

同プログラムは、システム構築やプログラミング、ハッキングなど、20歳未満で優秀なIT技術を備えた若者を対象に資金などを支援するもの。対象者が過半数を占めるグループなども対象となる。

応募者のなかから選出した最優秀者に対して年間100万円相当を提供。ハードウェアやソフトウェア、関連書籍の購入資金として利用したり、セキュリティ技術競技への渡航費用などに利用できる。また人材や企業の紹介といった面からも支援する。

応募には、申込書と活動計画書が必要で、郵送で受け付ける。応募締め切りは3月31日。詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ