Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、サポートプログラム「すごうで」の募集を開始

若年層の有望なセキュリティ技術者を支援するサポートプログラム「すごうで」を展開するラックは、2014年度の応募受付を2月1日より開始する。

同プログラムは、システム構築やプログラミング、ハッキングなど、20歳未満で優秀なIT技術を備えた若者を対象に資金などを支援するもの。対象者が過半数を占めるグループなども対象となる。

応募者のなかから選出した最優秀者に対して年間100万円相当を提供。ハードウェアやソフトウェア、関連書籍の購入資金として利用したり、セキュリティ技術競技への渡航費用などに利用できる。また人材や企業の紹介といった面からも支援する。

応募には、申込書と活動計画書が必要で、郵送で受け付ける。応募締め切りは3月31日。詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
IPA、春期登録セキスペ試験など中止 - 新型コロナ影響で
ID-based Securityイニシアティブが発足
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡