Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows XPサポート終了後も同OS上のMSEなどへ最新定義ファイルを提供 - 2015年7月まで

Windows XPのサポート終了が4月9日に控えているが、米Microsoftでは移行支援の一環として同OS上で動作する同社製マルウェア対策ソフトの更新期間を大幅に延長した。

今回の延長措置により、サポートが終了したWindows XPにおいても、同社が提供するマルウェア対策ソフトでは、日本時間で翌2015年7月15日まで最新の定義ファイルや検知エンジンを利用できる。

対象商品は、企業向け製品の「System Center Endpoint Protection」「Forefront Client Security」「Forefront Endpoint Protection」「Windows Intune」や、コンシューマー向けの「Microsoft Security Essentials」。

ただし、これはあくまで定義ファイルの配信に限られるものであり、「Windows XP」のサポート期間について変更はなく、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの提供は2014年4月で終了となる点に変わりはない。

同社は、サポートが終了したOSで動作するマルウェア対策製品の効果には限界があると強調。パートナーと協力し、「Windows XP」のサポート終了に向けてユーザーの移行を支援していくと述べている。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を