Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコム、サイバー攻撃の防御演習サービス「サイバー道場」を開設

セコムトラストシステムズは、演習によりサイバー攻撃に対処する要員訓練を行う「サイバー道場」の提供を開始した。

同サービスは、都内にあるセコムの研修センターで開講。同社がデータセンター事業などで培ったサイバーセキュリティに関する技術とノウハウを、実践的な訓練カリキュラムにより提供することで、企業におけるサイバー攻撃の対処要員を育成する。

実際にサイバー攻撃やウイルス感染が体験できる「サイバー道場演習システム」を、セコムのデータセンター内に構築。実際の企業ネットワーク環境と同じ環境で演習を行う。

演習では、攻撃者の立場で遠隔操作ウイルスによるパソコン乗っ取りを体験する基本プログラムから、標的型攻撃や水飲み場攻撃、MITB攻撃などを体験して攻撃に関する理解を深める対処プログラム、フォレンジックで未知のウイルスを発見し証拠保全や解析など実態調査手法を学ぶプログラムなどを提供する。研修期間は2日間で、8万4000円から。

(Security NEXT - 2014/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用