Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「もんじゅ」のPCにウイルス、情報漏洩の可能性 - 核防護関連は含まれず

日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」に関連するパソコンがウイルスに感染し、内部のデータが外部へ漏洩した可能性があることがわかった。

同機構によれば、ウイルスに感染していたのは、「もんじゅ」の発電課当直職員が使用する事務処理用のパソコン。年明け1月2日にウイルスが外部と通信していることを発見し、遮断した。

同機構が調査したところ、1月2日15時ごろから16時半過ぎまでの約1時間半にわたり、外部と通信しており、パソコン内部のデータが外部に漏洩した可能性があることが判明したという。

問題のパソコンに保存されていたのは、職員の教育や訓練に関する報告書や予定表のほか、機構改革小集団討議関係資料、メールなどのデータで、核物質防護に関する情報は含まれていないと同機構では説明している。

また同パソコンは、事務処理に用いていたパソコンであり、「もんじゅ」の運転制御や監視などへの影響についても否定した。同機構では、ウイルスが感染した原因や影響などを詳しく調べている。

(Security NEXT - 2014/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県
メール経由でマルウェア感染、外部と通信 - 富山大
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
「もんじゅ」PCのウイルス感染経路、「GOM Player」のアップデートと断定
結核患者や家族の個人情報含む文書が所在不明に - 大阪市
原子力機構のウイルス感染、関係者リストが外部漏洩した可能性
原子力機構のPC3台がウイルス感染 - 不正行為の告発情報など流出か
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
19台に外部と通信する新種マルウェア、核物質防護情報の流出は確認されず - 原子力安全基盤機構