Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃

原子力発電所の使用済燃料の再処理事業などを手がける日本原燃は、複数のグループ会社においてマルウェアの感染が確認された問題で、取引先や従業員の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

2月に同社グループ会社である六ケ所げんねん企画やジェイテックにおいて端末のマルウェア感染が判明。六ケ所げんねん企画においては、マルウェアに関連すると見られる不審なファイルが見つかった端末内部に関係者に関する個人情報が保存されていたことから、詳細について調査を進めていた。

フォレンジック調査を行った結果、グループ会社の共通システムがサイバー攻撃を受け、マルウェアに感染していたことが判明。ジェイテックにおいて個人情報が流出した可能性があることが判明した。

対象となるのは、2003年11月6日から2023年2月18日までにジェイテックより受発注した保修工事などの業務における取引先関係者や、ジェイテックに在籍した従業員などあわせて約1万人。約9割が取引先関係者の情報だという。氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、所属会社、身分証のコピーなどが含まれる。

同社は8月3日に個人情報保護委員会へ事態を報告した。共通システムが侵害された原因についてはコメントを避けている。核防護の関連情報など機微情報への影響については引き続き調査を進めている。

また当初情報流出の可能性を公表していた六ケ所げんねん企画に関しては、フォレンジック調査の結果、情報流出はなかったと結論づけた。日本原燃への影響についても否定している。

(Security NEXT - 2023/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大