Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保健所でメール誤送信、結核健診申込者のメアド流出 - 大阪市

大阪市は、大阪市保健所においてメールの送信ミスがあり、過去に結核健診を申し込んだ事業者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、2月17日13時半過ぎ、保健所職員が過去の結核健診の申込事業者3件、および担当者22件に対し、2023年度の実施案内をメール送信した際、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったという。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

送信直後に誤送信へ気づいた。同日対象となる関係者に謝罪し、誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意