Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柏崎刈羽原発の火災防護関連資料を紛失 - 東電

東京電力ホールディングスは、柏崎刈羽原子力発電所に関する書類を従業員が持ち帰った際に紛失したことを明らかにした。核物質防護に関する情報は含まれていないという。

同社によれば、5月19日に従業員がテレワークのため同原発6号機に関する書類80枚を持ち帰ったが、自家用車の屋根に書類を置いたまま発車したことで書類が落下、そのまま紛失したもの。

翌20日に住民から柏崎市内で書類を拾得したと申し出があり、同社が確認したところ、従業員が紛失したものであることが判明した。

5月22日の時点で書類38枚の所在がわからなくなっている。いずれも同原発6号機の火災防護や溢水防護に関する情報が記載されていた。原子炉安全上重要な情報や、核物質防護に関する情報は含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2023/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用