Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、FireEye製品利用者向けに分析支援サービス - 標的型攻撃の影響範囲や被害実態を報告

ラックは、「標的型攻撃対策支援サービス」のメニューを拡充し、「FireEye分析支援サービス」を追加した。

20131204la_001.jpg
サービスの流れ(図:ラック)

同サービスは、仮想環境で不審なプログラムを実行し、未知の脅威を検知するFireEye製品の利用者向けサービス。製品が発行したアラートの内容を解析し、脅威の内容や脆弱性、被害実態、影響範囲などを報告する。

アラートの内容を分析し、誤検知や脅威の度合いを的確に把握するには一定の知識が求められることから、同社が分析を支援し、製品単体では得られない総合的な調査結果を提供。標的型攻撃などを受けた組織において、適切な事後対応が実施できるようサポートする。

また同製品を自組織で運用できない企業などの需要に対応するため、同社のマネージドセキュリティサービスにおいても、2014年春ごろを目安にFireEye製品へ対応する予定。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供