Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機関がJavaのUD適用を呼びかけ - 64ビットのWindows環境は混在に注意

Oracleが、Javaプログラムの実行環境である「Java SE」のセキュリティアップデートを公開したことを受け、セキュリティ機関は最新版へのアップデートを呼びかけている。

今回のアップデートは、Oracleの製品群のひとつとして発表され、「JDK」「JRE」における51件の脆弱性に対応した。「同7 Update 40」「同6 Update 60」「同5.0 Update 51」「Java FX 2.2.40」などに影響があり、以前のバージョンも含まれる。

「CVSS v2」におけるスコアが、10点満点中「7.0」以上の脆弱性が24件にのぼり、12件の脆弱性は最高スコアの「10.0」と影響も大きいことから、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターなどは、最新版へアップデートするようアナウンスを行っている。

JPCERT/CCによれば、一部メーカー製のパソコンにはプリインストールされていることも多く、特に64bit版のWindowsを利用している場合、32bit版と64bit版の「JDK」「JRE」が混在している可能性があると指摘。双方のブラウザ環境でインストールされているバージョンを確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ
連絡メール誤送信で区政会議委員のメアド流出 - 大阪市