Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機関がJavaのUD適用を呼びかけ - 64ビットのWindows環境は混在に注意

Oracleが、Javaプログラムの実行環境である「Java SE」のセキュリティアップデートを公開したことを受け、セキュリティ機関は最新版へのアップデートを呼びかけている。

今回のアップデートは、Oracleの製品群のひとつとして発表され、「JDK」「JRE」における51件の脆弱性に対応した。「同7 Update 40」「同6 Update 60」「同5.0 Update 51」「Java FX 2.2.40」などに影響があり、以前のバージョンも含まれる。

「CVSS v2」におけるスコアが、10点満点中「7.0」以上の脆弱性が24件にのぼり、12件の脆弱性は最高スコアの「10.0」と影響も大きいことから、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターなどは、最新版へアップデートするようアナウンスを行っている。

JPCERT/CCによれば、一部メーカー製のパソコンにはプリインストールされていることも多く、特に64bit版のWindowsを利用している場合、32bit版と64bit版の「JDK」「JRE」が混在している可能性があると指摘。双方のブラウザ環境でインストールされているバージョンを確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
詳細調査の結果を公表、情報流出の形跡確認されず - ソフバンテク
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
ALSI、不正通信の無料診断を期間限定で提供
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消
「McAfee Web Gateway」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨