Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機関がJavaのUD適用を呼びかけ - 64ビットのWindows環境は混在に注意

Oracleが、Javaプログラムの実行環境である「Java SE」のセキュリティアップデートを公開したことを受け、セキュリティ機関は最新版へのアップデートを呼びかけている。

今回のアップデートは、Oracleの製品群のひとつとして発表され、「JDK」「JRE」における51件の脆弱性に対応した。「同7 Update 40」「同6 Update 60」「同5.0 Update 51」「Java FX 2.2.40」などに影響があり、以前のバージョンも含まれる。

「CVSS v2」におけるスコアが、10点満点中「7.0」以上の脆弱性が24件にのぼり、12件の脆弱性は最高スコアの「10.0」と影響も大きいことから、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターなどは、最新版へアップデートするようアナウンスを行っている。

JPCERT/CCによれば、一部メーカー製のパソコンにはプリインストールされていることも多く、特に64bit版のWindowsを利用している場合、32bit版と64bit版の「JDK」「JRE」が混在している可能性があると指摘。双方のブラウザ環境でインストールされているバージョンを確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信