Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機関がJavaのUD適用を呼びかけ - 64ビットのWindows環境は混在に注意

Oracleが、Javaプログラムの実行環境である「Java SE」のセキュリティアップデートを公開したことを受け、セキュリティ機関は最新版へのアップデートを呼びかけている。

今回のアップデートは、Oracleの製品群のひとつとして発表され、「JDK」「JRE」における51件の脆弱性に対応した。「同7 Update 40」「同6 Update 60」「同5.0 Update 51」「Java FX 2.2.40」などに影響があり、以前のバージョンも含まれる。

「CVSS v2」におけるスコアが、10点満点中「7.0」以上の脆弱性が24件にのぼり、12件の脆弱性は最高スコアの「10.0」と影響も大きいことから、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンターなどは、最新版へアップデートするようアナウンスを行っている。

JPCERT/CCによれば、一部メーカー製のパソコンにはプリインストールされていることも多く、特に64bit版のWindowsを利用している場合、32bit版と64bit版の「JDK」「JRE」が混在している可能性があると指摘。双方のブラウザ環境でインストールされているバージョンを確認するよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
「モンスト」でメール誤送信、キャンペーン当選者のメアド流出
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
「Samba」に複数の脆弱性 - 早急にアップデートを