Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.WEB、ライセンス無制限の公共団体向けパック

Doctor Web Pacificは、パソコンやサーバ、モバイル端末において、セキュリティ対策ソフトをライセンス数無制限で利用できる公共団体向けパック「Dr.WEB 公共マルチパック」を提供開始した。

同パックは、契約したユーザー数の範囲内であれば、Dr.WEB製品をライセンス数無制限で利用できるライセンスパック。パソコンやサーバ、タブレット、スマートフォンなど端末の種類や、Windows、Mac、Linux、AndroidなどOSに関係なく利用できる。

対象となるのは、集中管理機能を提供する「Control Center」、クライアント向け製品「Dr.WEB Desktop Security Suite」、サーバ向け製品「Dr.WEB Server Security Suite」、モバイル向け製品「Dr.WEB モバイル」の4製品。

価格は、ユーザー数50人以下の場合、年額11万7600円から。ユーザー数は正規職員のみで、非常勤職員や臨時職員は含まない。また、契約年内にユーザー数が変動しても、追加料金などは発生せず料金据え置きのまま利用できる。

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始