Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年第2四半期はスパムが増加、企業を狙った悪質メールが目立つ - カスペルスキー

カスペルスキーは、2013年第2四半期におけるスパムの送信状況について取りまとめた。スパムの割合が前期より増加している。

レポートによれば、同四半期の全メールトラフィックにおけるスパムの割合は70.7%で、前四半期から4.2ポイントの増加。

スパム送信国ランキングでは、「中国」が23.1%を占めて最多国。2位は「米国」で16.8%、3位は「韓国」で12.6%だった。上位3カ国については、いずれも前回より割合が後退している。地域別ではアジアが前回より4.5ポイント増えて56.3%を占めた。次いで多かったのは北米で18.2%、東ヨーロッパが13.7%と続く。

不正なファイルが添付されたメールの割合は2.3%で、前四半期から1ポイント減少。銀行や電子決済システムの登録フォームを装い、アカウント情報を盗み出すHTMLファイル「Trojan-Spy.HTML.Fraud.gen」が、前期から引き続き最多となった。

次いで多かったのは、別のマルウェアをインストールする機能を持つメールワーム「Email-Worm.Win32.Bagle.gt」、3位は「ZeuS/Zbot」の亜種である「Trojan-Spy.Win32.Zbot.lbda」がランクインした。

また同四半期は、企業を狙って悪質な添付ファイルを送りつける攻撃が目立ったという。多くは送信エラーの通知やメールやファックスの着信通知などの自動応答メールを装っていた。

全メールトラフィックに占めるフィッシングメールの割合は0.0024%で、全四半期から0.0016ポイント後退。「SNS」のアカウント情報を狙った攻撃が全体の34.23%と、前回より3.3ポイント減少したものの最多だった。

一方、「金融・電子決済」への攻撃は1.2ポイント増加し、15.4%で2位に浮上した。3位は「検索エンジン」で15.28%だった。

(Security NEXT - 2013/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し