Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3万3000人分の顧客情報を差押債権者に誤って提供 - 住友生命

住友生命保険は、顧客3万2903人の個人情報を、国や自治体などへ誤って提供していたことを明らかにした。

同社顧客の保険契約を差押えた国や自治体など債権者が、契約を解約して支払請求手続きを行った際、本来開示する必要のない契約者の個人情報を提供していたことが判明したもの。

国や地方公共団体などの公的機関に対して、住所、電話番号、保険料振替口座など3万2369人分の情報を提供。また公的機関以外の債権者による解約手続きでも、契約者495人分の情報を渡していた。一方で契約者に対しても、債権者39人の送金口座情報を提供していたことも判明している。

同社は契約者による支払請求手続において、住所や電話番号、保険料振替口座などをあらかじめ印字した請求書を提供しているが、契約者本人以外の請求に対しても、本来必要のないこれら情報を印字した請求書を提供してしまったという。

同社では、対象となる契約者および債権者に対し謝罪の文書を送付。また、漏洩した個人情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
内定辞退予測、学生同意なく企業に - サービス廃止へ