Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ - 悪用アプリも検知可能

Android端末に、正規アプリの更新に見せかけた改ざんアプリがインストール可能となる脆弱性が判明した問題で、セキュリティベンダーが端末の脆弱性をチェックできるアプリを公開している。

問題の脆弱性は、アプリの署名処理に存在するもので、一部専門家からは「マスターキー脆弱性」などとも呼ばれており、Android 1.6以降を搭載した9割以上の端末が影響を受けるとされている。

本来、アプリの更新を配布する際は作者が署名する必要があるが、脆弱性を悪用することで、作者以外の第三者が改変したアプリを、正規アプリの更新と見せかけて配布することが可能となる。

脆弱性を公表したBluebox Securityでは、脆弱性の影響を受けるか確認するための無料アプリ「Bluebox Security Scanner」を公開。同アプリでは、端末に対して脆弱性を修正するパッチが適用されているか確認することができるという。

さらに同脆弱性を悪用するアプリが端末内にインストールされているか確認することも可能。英語版のみだが、Google PlayとAmazon AppStoreを通じて配布している。

またSymantecでも、脆弱性を悪用するアプリを検査、警告する無料アプリ「Norton Halt exploit defender」を用意した。

今回見つかった脆弱性のほか、トロイの木馬やスクリーンロックのバイパス、USSDコード攻撃などを検知できるという。こちらも英語版のみだが、Google Playより無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2013/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー