Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月16日に公開されたApache Struts 2の脆弱性、翌17日より攻撃多発 - すでに被害事例も

ラックは、ウェブアプリケーションのフレームワークである「Apache Struts 2」において、修正されたばかりの脆弱性を狙う不正アクセスが多発しているとして注意喚起を行った。

同社のセキュリティ監視サービスで「Apache Struts 2」に対する脆弱性攻撃を多数観測しているもので、「Apache Struts 2.3.15」および以前のバージョンが影響を受ける。すでに脆弱性を修正した最新版「Apache Struts 2.3.15.1」が公開されている。

問題の脆弱性は、7月16日にアップデートが公開されたばかりだが、同社によれば、翌日17日より攻撃が発生しており、同日だけで約90件の攻撃を観測した。

過去に同フレームワークが標的になったケースより規模が大きく、セキュリティアップデートの提供からわずか1日で攻撃が多発しているから、同社は警戒を強めている。

利用者がアップデートを検証する時間の猶予が短く、アップデートを実施できていないことも予測され、同社では、すでに攻撃が成功したとみたれるケースを確認しているという。

公開サーバで「Apache Struts 2」を利用しており、アップデートを実施していない場合は、外部からの攻撃を受けている可能性がある。

攻撃を受けた場合は、ログに「action:」「redirect:」「redirectAction:」といった文字列が形跡として残っている可能性あると説明。被害に遭っていないか詳細を調査し、ウェブアプリケーションへの影響を考慮した上で回避策を実施するなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
国交省関連サイトへの不正アクセス - 流出被害は未確認