Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天でなりすましによる不正ログイン、ポイント窃取が発生 - 被害会員に補償実施

楽天は、同社のポイントサービスになりすましによる不正ログインが発生しており、一部会員のポイントが不正に奪われる被害が生じていることを明らかにした。被害を受けた会員へ補償を行う方針だという。

同社によれば、「楽天スーパーポイントサービス」において第三者が利用者になりすます「不正ログイン」が発生。他社から流出したと見られるIDとパスワードが用いられ、第三者によってポイントが使用された。具体的な被害規模は明らかとなっていない。

同社では、「楽天スーパーポイント」を電子マネー「楽天Edy」に移行できるキャンペーンを8月まで期間限定で展開しており、同サービスが悪用されたと見られている。同社ではキャンペーンを急遽中止した。

同社は、同社経由の情報漏洩について否定。不正に取得された会員に対し、個別に連絡を取るなど対応を進めている。

同社ポイントサービスの規約では、第三者のなりすましによる不正使用に対し、ポイントの返還など行わないことを明記している。しかし今回の問題に関しては、不正取得されたポイントを補償する方針を示している。

また同社は、ほかのサイトやサービスと同じパスワードを使い回している会員に対し、パスワードを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も