Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、選挙に便乗する不審メールの情報を募集

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、参議院選挙に関する不審メールを受け付ける窓口を設置した。7月31日まで受け付ける。

公職選挙法の改正により、インターネット上の選挙活動が解禁ったことを受け、関連するサイバーリスクについて調査を実施するもの。専用メールアドレスにて不審なメールをメール転送や添付ファイルとして受け付ける。

同協会では、サイバーリスクとして、選挙に関連したように見せかけて不審なファイルをメールの添付として送り付ける攻撃や、外部サイトへの誘導、なりすましによる献金の要求などを想定している。

提供を受けたメールは、統計資料として解析し、結果の公表や、会員企業におけるソリューション提供の基礎資料として活用する。サイバーリスクの研究が目的のため、選挙違反事例の収集や解析、摘発などは行わないとしている。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance