Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、選挙に便乗する不審メールの情報を募集

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、参議院選挙に関する不審メールを受け付ける窓口を設置した。7月31日まで受け付ける。

公職選挙法の改正により、インターネット上の選挙活動が解禁ったことを受け、関連するサイバーリスクについて調査を実施するもの。専用メールアドレスにて不審なメールをメール転送や添付ファイルとして受け付ける。

同協会では、サイバーリスクとして、選挙に関連したように見せかけて不審なファイルをメールの添付として送り付ける攻撃や、外部サイトへの誘導、なりすましによる献金の要求などを想定している。

提供を受けたメールは、統計資料として解析し、結果の公表や、会員企業におけるソリューション提供の基礎資料として活用する。サイバーリスクの研究が目的のため、選挙違反事例の収集や解析、摘発などは行わないとしている。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県
大阪市で参院選の投票録など関係文書を紛失 - 選挙結果に影響なし
ミャンマー政府関連サイトで水飲み場攻撃 - 新種RAT「Trochilus」など複数マルウェア
元職員の投稿動画に有権者の個人情報 - 堺市
堺市の職員データ持出、あらたに有権者情報68万人分の漏洩が判明
堺市の個人情報流出、あらたに561人分 - 有権者情報68万件の持ち出しも
職員個人契約のサーバから外郭団体名簿が流出 - 有権者情報は否定
JIPDECと民間5社、ネット選挙に向け「なりすましメール」対策を展開
ALSI、家庭向けフィルタリングソフトを夏休み限定で無償提供
自民党安倍総裁の偽Twitterアカウントに注意 - 露大統領の偽アカウントと会話も