Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

のべ4100人分の「認可保育所申込者一覧」を誤廃棄 - 杉並区

東京都杉並区は、のべ4100人分の「認可保育所申込者一覧」を、保存期限前に誤って廃棄したと公表した。

誤廃棄が判明したのは、のべ4100人分の「認可保育所申込者一覧」684枚。保存期間は5年と規定されているが、職員が誤ってシュレッダーで処分したことが6月17日に判明したという。

これらリストには、2011年4月時の入所選考経過や園別、歳児別の申込状況、指数に基づく順位などが記載されていた。今回の誤廃棄により、情報公開請求への対応ができなくなるとしている。

(Security NEXT - 2013/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省