Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イグアス、標的型攻撃のファイルを無害化する「防人」のアプライアンスサーバを発売

イグアスは、メールの添付ファイルを無害化するアプライアンスサーバ「防人アプライアンス」を提供開始した。

同製品は、ネットエージェントが開発する標的型攻撃メール対策ソリューション「防人」と日本IBMのx86サーバ「IBM System x」を組み合わせたアプライアンス製品。

メールに添付されたファイルをJEPGファイルに変換して表示するため、添付ファイルに悪用コードなどが埋め込まれたファイルであっても、安全に中身を確認することができる。

さらに本文中に含まれるリンク先URLの内容を画像で表示することが可能。受信したメール本文中に送信元の国情報および送信ドメイン認証情報を表示するほか、不正な場合は送信元が詐称されていることを警告する。添付ファイルの原本が必要な場合は、再送要求リンクをクリックすることで入手できる。

価格は、3年間の保守費用込みで300ユーザー版が414万2145円。500ユーザー版が613万8195円。エスアイインフォジェニックを通じて販売し、2015年までに60社へ導入することを目標に展開していく。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
拡張子「.iqy」ファイルに注意 - 数十万件規模でマルウェアメールが流通
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ