Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イグアス、標的型攻撃のファイルを無害化する「防人」のアプライアンスサーバを発売

イグアスは、メールの添付ファイルを無害化するアプライアンスサーバ「防人アプライアンス」を提供開始した。

同製品は、ネットエージェントが開発する標的型攻撃メール対策ソリューション「防人」と日本IBMのx86サーバ「IBM System x」を組み合わせたアプライアンス製品。

メールに添付されたファイルをJEPGファイルに変換して表示するため、添付ファイルに悪用コードなどが埋め込まれたファイルであっても、安全に中身を確認することができる。

さらに本文中に含まれるリンク先URLの内容を画像で表示することが可能。受信したメール本文中に送信元の国情報および送信ドメイン認証情報を表示するほか、不正な場合は送信元が詐称されていることを警告する。添付ファイルの原本が必要な場合は、再送要求リンクをクリックすることで入手できる。

価格は、3年間の保守費用込みで300ユーザー版が414万2145円。500ユーザー版が613万8195円。エスアイインフォジェニックを通じて販売し、2015年までに60社へ導入することを目標に展開していく。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加