Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ堅牢技術や事業継続力を競う「Hardening One Remix」が7月に開催 - チーム枠の参加締切迫る

WASForum Hardening Projectは、堅牢化技術のセキュリティ競技会「Hardening One Remix」を7月に都内で開催する。今回の大会では、経験者と未経験者のコラボレーションなども企画されている。

同イベントは、サーバの堅牢化技術を争う競技会。すぐれた技術を備える人材の発掘や顕彰を目的に企画された。競技を行う7月6日の「Hardening Day」と、表彰や競技を振り返る翌週13日の「Softening Day」の2日間で構成されている。

競技は、仮想ネットワーク環境において、脆弱性が存在するeコマースサイトの問題解決や、事業継続性の確保といった観点から争われる。具体的には「防御技術力」「運営を維持する総合力」「攻撃に対する堅牢化」「売り上げの確保と損失の最小化」「ダウンタイムの最小化」などが評価のポイントとされている。

また2012年に開催した「Hardening Zero」「Hardening One」に続く今回は、優秀者の表彰にとどまらず、世界トップレベルを争う知的スポーツへの転換を目標に掲げている。

それにともない大会のシステムを変更しており、今回はじめて参加するチームのみ応募できる「チーム枠」と、参加経験者や個人が参加できる「ピン枠」を用意。これらを組み合わせた未経験者と経験者によるコラボレーションも計画している。

「チーム枠」は、1チーム4人以上、最大5人が登録でき、第1次の応募締め切りは5月31日。「ピン枠」の締め切りは6月14日。詳しい応募要領は、同イベントのページから。

また競技者以外も参加できるインターネット中継のカンファレンス「WASForum Online Conference」を7月6日の「Hardening Day」に開催するほか、「Softening Day」の特別限定チケットについても提供を予定している。

(Security NEXT - 2013/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
「KOSENセキュリティ・コンテスト2016」が開催 - テーマは「IoT」
生徒の名簿が入った鞄を紛失 - 練馬区の中学校
あのセキュリティKindle本を半額で - アマゾンが期間限定セール
「SECCON 2015」、チームランキングと得点を発表
SECCON決勝に決着、DEF CON出場権は誰の手に?
「SECCON 2015」が一般向けカンファレンスを開催
「SECCON」のオンライン予選が参加登録を受付開始
トレンドがCTFを開催、優勝者には賞金100万円とHITCON決勝戦の出場権