Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報にアクセスしない不正アプリはわずか5% - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、モバイルの脅威についてまとめた。国内ユーザーを標的とした不正アプリは、多くが個人情報の窃取を目的としたものだったという。

同社によれば、2011年から同四半期までに確認した不正アプリのうち、50%が連絡帳にアクセス。33%がアカウント情報、12%がその両方にアクセスしていたという。個人情報にアクセスしないアプリは、わずか5%だった。

不正アプリの流通経路は、公式サイトである「Google Play」のほか、「Google Play」の偽サイトを確認した。

また3月ごろより詐欺サイトへの誘導を目的とした「ワンクリックウェア」が、「Google Play」上でアダルト系の動画アプリとして配布されるケースが発生。個人情報を取得しないことから、「Google Play」の不正判定を逃れていると指摘している。

iPhoneについては、3月にはブラウザをクラッシュさせるサイトのURLがTwitter上で拡散され、一部ユーザーが影響を受けたものの、不正アプリの脅威は確認されていない。

(Security NEXT - 2013/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に