Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報にアクセスしない不正アプリはわずか5% - トレンドまとめ

トレンドマイクロは、モバイルの脅威についてまとめた。国内ユーザーを標的とした不正アプリは、多くが個人情報の窃取を目的としたものだったという。

同社によれば、2011年から同四半期までに確認した不正アプリのうち、50%が連絡帳にアクセス。33%がアカウント情報、12%がその両方にアクセスしていたという。個人情報にアクセスしないアプリは、わずか5%だった。

不正アプリの流通経路は、公式サイトである「Google Play」のほか、「Google Play」の偽サイトを確認した。

また3月ごろより詐欺サイトへの誘導を目的とした「ワンクリックウェア」が、「Google Play」上でアダルト系の動画アプリとして配布されるケースが発生。個人情報を取得しないことから、「Google Play」の不正判定を逃れていると指摘している。

iPhoneについては、3月にはブラウザをクラッシュさせるサイトのURLがTwitter上で拡散され、一部ユーザーが影響を受けたものの、不正アプリの脅威は確認されていない。

(Security NEXT - 2013/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加