Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check Point機器のVPN機能に脆弱性、攻撃から判明 - アップデートを

Check Point Software Technologiesは現地時間5月28日、同社セキュリティゲートウェイのリモートアクセス機能に脆弱性が明らかになったとしてアップデートをリリースした。

同社セキュリティゲートウェイにおいて「リモートアクスVPN」「モバイルアクセス」の機能を有効化している場合に、リモートより情報を読み取ることが可能となる脆弱性「CVE-2024-24919」の影響を受けることを明らかにしたもの。

脆弱性の悪用を防止するアップデートをリリースした。重要度を「高(High)」としている。

同社では、5月24日にパスワードのみを認証に用いている古いローカルVPNアカウントに対する少数のログイン試行を観測。

複数の顧客が攻撃を受けたと見られることが判明し、さらに調査を進めたところ、同問題の根本原因とも言える今回の脆弱性が明らかになり、修正に至ったという。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正