Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘

カスペルスキーは、最新のセキュリティ対策製品を導入している環境においても、脅威が急速に増加していることからマルウェアへ感染するケースがあり、ベンダー間の情報共有が必要と指摘している。

同社が2013年初頭に、他社製品がインストールされているPCでも利用できる無償マルウェア検知ツール「カスペルスキーセキュリティスキャン」を利用したユーザーのマルウェア感染状況を分析したもの。

欧米や南米、ロシアなどを中心に最新のセキュリティ対策ソフトがインストールされている25万台以上を対象としており、ソフトウェアが最新ではない環境や隔離済みの脅威などは除外したとしている。

導入しているセキュリティ対策ソフトによって感染率は異なるものの、4%から5.5%の端末でマルウェアが発見された。国によってばらつきも見られ、ドイツやオーストリア、スイスなどは3%以下だったが、ロシアや東欧、東南アジアなど一部の国では10%以上の感染率を記録したという。

同社では。信用問題となることに配慮し、ベンダーの実名公表は避けたとしており、結果については、それぞれのセキュリティベンダーへ情報を提供した。

同社は、脅威が急速に増加し、最新のセキュリティ製品でもこれらの脅威へ常時対応できるとは限らないと指摘。セキュリティベンダーにおいて競合他社の未検知を発見した場合、情報を共有できる体制が必要と訴えている。

(Security NEXT - 2013/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化