Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

批判受け、ネットアクセス情報取得するモニター調査を中止 - NTT

NTTは、個人情報の取り扱いに対する批判や不安の声が上がったことを受け、4月より実施する予定だったモニター調査「ネット利用時の情報取得に関するモニター施策」を中止した。

同社では、NTT東西やNTTドコモと連携し、パソコンやスマートフォンのネットワーク利用状況の把握や、情報収集技術の開発を目的としたモニター調査を企画。モニター募集を実施していた。

同調査では、モニターより同意を得た上でウェブサイトの閲覧情報や利用端末情報を取得。ユーザーが例外を設定できるものの、原則として対象データがオンラインバンキングやウェブサービスのID、パスワードまで多岐に及び、個人情報の利用目的も明確でないとして一部より批判の声が上がっていた。

中止の決定をしたことから、応募者に対しては、グループ各社から個別に連絡する。また今回の指摘を真摯に受け止め、安心して利用できるサービスや施策について検証を進めるとしている。

(Security NEXT - 2013/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
モニター向け案内メールの誤送信でメアド流出 - 長野市
ニフティ子会社で3万件の不正ログイン被害 - 登録情報漏洩の可能性
モニターに送信した案内メールを誤送信、氏名とアドレス流出 - 板橋区
アンケートサイト「あんぱら」で約1万5000件の不正ログイン - ポイントの不正利用も
メール誤送信で番組モニターの個人情報流出 - NHK高知
下着キャンペーン応募者の個人情報がネット上で閲覧可能に - グンゼ
メールの「CC」配信でアプリモニターのアドレス流出 - キッズスター
通販サイト「日本きらり」で顧客情報が閲覧可能に - 出光クレジット
メール誤送信で氏名やアドレスを受信者間で閲覧可能に - トヨタホーム近畿