Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡県委託先で個人情報が流出 - 開発会社からアクセスキーが漏洩

静岡県は、委託事業者がデータを窃取された上で削除され、脅迫されるいわゆる「ノーウェアランサム」の被害に遭い、実証事業で扱った個人情報が流出したことを明らかにした。

同県によれば、委託先に対するサイバー攻撃により、「静岡県伊豆ヘルスケア温泉イノベーションプロジェクト実証事業」に関するモニターの個人情報5件が外部に流出したもの。氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、健康診断結果、被保険者番号などが含まれる。

2023年12月10日に委託先事業者が使用しているストレージサービスがサイバー攻撃を受けた。保存されていたファイルを攻撃者が持ち出した上で削除しており、翌11日に攻撃者からのメッセージを受信。公開しないことを条件に身代金を要求されたという。

同県では、委託先事業者の具体的な名称を明らかにしていないが、千葉市や伊丹市などからも業務を受注していたY4.comと見られ、同県含めてあわせて93件の個人情報が被害に遭った。

過去に同社システムの開発を請け負った事業者が、許可を得ずにストレージサービスのアクセスキーを発行。外部にアクセスキーが流出し、悪用されたとしている。

(Security NEXT - 2024/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開