Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市

長野県諏訪市は、議会広報誌のモニターへメールを送信する際にメールアドレスが流出したことを明らかにした。

議会事務局が10月25日に議会広報誌のモニター7人へ送信したアンケートの提出を促すメールにおいて誤送信が発生したもの。同市において、11月10日にメールアドレスが流出する誤送信の事故が発生したことから同様のケースがないか確認したところ、問題が判明した。

従来、ルールに従って議会事務局では手動で「BCC」を用いて送信していたが、同市システムに「一斉送信機能」が用意されていることに職員が気が付き、メールアドレスが漏洩しないものと思い込んで挙動を確かめずに利用したが、実際はメールアドレスが宛先となる設定だったため、メールアドレスが受信者間で閲覧できる状態になった。

同市では対象となるモニターに対し、電話で謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

同市によれば、同機能を利用している部署はなく、実装された詳しい時期などもわからないという。同市では今回の問題を受けて「一斉送信機能」の利用を控え、同機能を通じて「BCC」で送信されるよう設定の見直しを図るとしている。

(Security NEXT - 2021/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
就職フェアの案内メールで送信ミス、メアドが流出 - 三重県